お金を借りるには、どの業者がいいんでしょうか?

このページでは、お金を借りる方法について色々と紹介していますが、どういう業者を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

急いでいる方は、まずはネットから借入可能か診断してみることをおすすめします。

 

カードローン選びの参考として、是非利用してみてください。

 

アコム

アコムの特徴

★最短で30分の審査回答で、最短1時間での融資も可能です。

★土日祝でも審査がオッケーです。

★初めての方に限り、最大で30日間金利が0円です。

★安定した収入があれば、主婦やパート・学生でもOKです。

★派遣社員や自営業・農業の方でもご利用OKです。

★楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込OK!です。

★条件が合えば、担保・保証人不要です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

アコムは、老舗の信用とスピード力で、今スグの融資のニーズに応えるカードローンです。はじめての方でも30日間無利息なので安心して借り入れできます。3秒診断での借り入れ診断が便利です。

 

プロミスの特徴

★はじめての方は、初回の利用の翌日から30日間金利ゼロです。契約日からの換算でないので無利息期間が失効することがないのでとてもお得です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

★最短で1時間での融資もOKです。

★三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスが好評です。
(手数料も無料)

★条件が合えば、50万円まで収入証明不要です。

★紛失の心配のないカードレス※で契約することもできます。
(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。)

★女性が担当するレディースプロミス窓口も好評です。
(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスは「今すぐ」にこだわった人気のカードローンです。急ぐのであれば午前中に申込むのがベストですが、ネットで申込だけ済まして、最寄りの自動契約機に駆け込めば、当日中にすぐに借りる事も出来ます。緊急時の対応もスピーディーだから頼りになります。

 

即日借り入れできる業者を比較します!

 

数あるサイトの中から当ページを選んで頂きまして、ありがとうございます。

 

急にお金が必要になったとき、すぐにお金を引き出すことが出来るキャッシングは便利なサービスですね。

 

キャッシング業者をご利用の際に何を基準に比較していますか?金利や融資スピードなどが気になるかと思います。

 

消費者金融と銀行を比較すると、より低金利なのは銀行です。

 

カードローンとは、契約時に限度額を設定すると、その金額までは何度でもキャッシングをご利用出来るサービスのことです。

 

当然限度額が大きいほど金利は低く設定されます。しかし、低金利で借りる為には、どうしても審査時間がかかってしまう傾向があります。

 

もし、そこまでの大金は必要ないけれども、即日で融資して欲しいのであれば、低めの限度額で審査スピードが早い消費者金融をおすすめします。

 

低額であれば金利差もそれほど気になりません。

 

ここでは、銀行系キャッシングをご利用になる方の為に、即日で融資を受ける方法や、メリット、デメリット、総量規制とは何か、などをお話しします。

 

そして、お得にご利用できるキャッシング業者のランキングを発表します。

 

是非最後まで読んで下さいね。

 

キャッシングで銀行系のもののメリットとデメリットは何でしょうか?

銀行系キャッシングやカードローンの、メリットとデメリットが気になるという人もいると思います。

 

銀行系のキャッシングのメリットは、消費者金融系に比べて金利がかなり低いことです。低ければ毎月ゆとりを持って返済することが出来ます。

 

他のメリットとしては、総量規制がない事です。総量規制とは、年収の三分の一までしか借り入れ出来ないという法律です。

 

この法律は銀行には適用されませんので、年収を気にせずにご利用になれます。例えば、収入が全くない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があればキャッシングを受けられる場合もあります。

 

消費者金融などの貸金業者では、総量規制があるので収入証明書を用意しなければならないケースもありますが、銀行系ならばよほど高額の借り入れでない限り、収入証明書を提出しなくて済むのもメリットといえます。

 

銀行系キャッシングのデメリットは、審査に時間がかかる傾向があることです。そうなるとキャッシングも遅くなるので、急いでお金が必要な場合は困ってしまいます。

 

キャッシングで銀行のものは即日で貸してもらえるのでしょうか?

銀行のキャッシングやカードローンに申し込んだ場合、即日で融資をしてもらえるか気になるという人もいます。

 

銀行というと、審査に時間がかかり融資が遅いというイメージが強いですが、大手なら即日口座振り込みに対応しているキャッシングサービスもあります。

 

即日融資に対応しているキャッシングサービスは、審査スピードが早いことが多いです。今までだと何日もかかっていたのに、最近はわずか40分程度で審査回答が出る所もあります。

 

即日キャッシングサービスを行なっているところは、自動契約機を設置している事が多いです。自動契約機を使うと、店舗の営業が終わった後でもご利用手続きが出来るのでとても便利です。

 

土日や祝日でも営業している自動契約機もあるので、いざという時でも審査に通過すればキャッシングサービスを受けることが出来ます。

 

カードを作成すればすぐにATMで使えますし、カードを発行しなくても振り込みで対応してくれる場合もあります。

 

即日融資を受ける場合に気をつけることは、書類をしっかり用意しておくことです。

 

身分証明証だけでなく所得証明書が必要になることもあるので、あらかじめ職場から取りよせておくと良いですね。

 

キャッシングは銀行のものでも在籍確認があるのでしょうか?

キャッシングやローン審査の一つに在籍確認がありますが、これは消費者金融だけではなく銀行などでも同じように行われる事になります。

 

在籍確認とは、収入があるのかどうか判断する材料として、申込書に記載されている会社に勤めているか否かを確認する為のものです。

 

申込書に書かれている情報をもとに、会社へ電話をするのが在籍確認であり、お金を貸す側としては申込書に書かれている会社に勤めている事を確認することで、収入があると判断することが出来ます。

 

そのため、消費者金融だけではなく銀行でもキャッシングの申し込みをした時には行われます。ただし、条件により在籍確認が不要になる場合もあります。

 

例えば、キャッシングの申し込みを行う銀行が、勤務先会社の給料振込先になっているなどして取引を行っている場合には、収入がある事を事前に確認することが出来るため、必ず在籍確認の電話連絡があるという事ではありません。

 

もちろん、これは銀行によって異なりますし、給料振込をご利用になっていても在籍確認を行うところもあります。

 

キャッシングは銀行系の方が条件がお得なのでしょうか?

キャッシングやカードローンも消費者金融系から銀行系まで様々ありますが、お得な条件として、銀行系の方が金利が低く設定されている事が多いです。

 

お金に困った時、キャッシングサービスの利用で融資を受ける事が出来るのですが、返済能力を超えた融資をご利用になると大変な事になってしまいます。

 

金利が低ければ、このようなリスクを減らすことが出来ます。

 

金利でお得な分、利息も少なくて済みますので、融資してもらう額が多くなると想定できる場合には、銀行を検討してみてはいかがでしょうか?

 

しかし一般的に、銀行は消費者金融よりも高額のキャッシングが可能で、数百万円を借りるなどの場合には審査が長引く事もあり得ます。

 

金利の違いといっても少額を一回で完済出来るのなら気にならないかも知れませんが、リボ払いで完済する前に追加キャッシングをご利用になる場合などは、影響が大きくなります。

 

キャッシングサービスの金利面では、銀行系がお得だと言えます。

 

キャッシングで銀行のものは審査はきびしいのでしょうか?

銀行にキャッシングやカードローンの申し込みをすると、審査が厳しいかもと心配する人もいます。確かに、審査に時間をかけて丁寧に調べる傾向があります。

 

これは融資金額が大きい事からくるものです。消費者金融でも高額キャッシングになれば、同様に審査時間がかかる可能性があります。

 

銀行などのキャッシングの審査では返済能力を重視して調べるので、年収や勤務年数をじっくり調べられます。年収がいくら以上とか、勤務年数が何年以上などの条件が決まっている事もあるので、よく確認してから申し込むと良いです。

 

銀行の営業エリアに住んでいることや勤めていることが、キャッシングサービスをご利用できる条件になる事もあるので、自分の住んでいる場所が対象エリアなのかもしっかり確認することが大事です。

 

キャッシング審査は、申し込み用紙に書かれた職場で本当に働いているか、電話で確認する在籍確認もあります。

 

しかし、給料振込をご利用されているなどの条件があれば、電話での在籍確認を省略できるところも存在します。

 

銀行の方が消費者金融よりも利用条件がいいのでしょうか?

キャッシングやカードローンに申し込む場合に、銀行にしようか消費者金融にしようか悩むものです。銀行の方が金利は低いですが、審査には時間のかかるところもあります。

 

キャッシングを行う場合には、即日で融資をご利用になりたい事もありますね。そういう場合には金利が多少高くても、消費者金融からの借り入れも考えておきたいものです。

 

消費者金融というと毛嫌いする方もいますが、今は昔と違って法律がしっかり整備されているので、法外な利息を請求される事もありませんし、上限金利もきちんと設定されています。

 

銀行にこだわって申し込みをするよりも、即日審査、融資をしている消費者金融でキャッシングやカードローンをご利用になったほうが良い事もあります。なぜなら、初回利息0円などのサービスがあるところがあるからです。

 

申し込みにあたっても、運転免許等の本人確認書類だけでOKな場合が多いです。WEBでの申し込みもあるので、忙しくて店舗に行く時間が取れないビジネスマンでも安心してご利用になれます。

 

キャッシングは銀行からでも24時間利用可能なのでしょうか?

銀行のキャッシングやカードローンが24時間利用できれば便利ですね。これは可能であるとも、不可能であるとも言えるのです。

 

キャッシングやカードローンを利用するためには、まず申し込みをして審査に通らなければなりません。

 

今は銀行キャッシングも便利になり、インターネットで24時間申し込みを受け付けている所もあります。

 

しかし、その次のステップである審査は、残念ながら24時間対応してくれません。つまり、深夜にいきなりお金が必要となっても、すぐに借りる事は出来ないのです。

 

一方で、すでに契約済みでカードがある場合には、24時間対応してくれるコンビニATMなどを利用すれば、土日や深夜でもキャッシングをする事が可能になります。カードがなくても、振り込みキャッシング出来るところもあります。

 

手数料はかかるケースもありますが、キャッシングを24時間利用することができる、というメリットがポイントです。

 

人生何が起こるかわかりません。もしもの為の保険のように、使う予定はなくてもキャッシングやカードローン契約をして、カードを1枚保有しておくのは悪い選択ではありません。

 

キャッシングで銀行のものは学生や専業主婦にも融資してくれるのでしょうか?

キャッシングやカードローンで銀行のものは、学生や専業主婦もOKと記載している場合は融資対象となります。特に記載がない場合も、専業主婦はOKであることが多いですが、学生に関しては不可となることもあります。

 

キャッシングの融資条件では、何よりも返済能力をチェックされます。これはどこの業者でも変わりません。学生は20歳以上でアルバイトをしていれば借り入れ出来る可能性はありますが、高校生は除外されるので注意しましょう。

 

未成年の学生に関しては、ほとんどの場合借り入れ出来ないので注意してください。民法上、未成年の行った契約はいつでも取り消せるとされている為です。

 

専業主婦の場合は、配偶者の収入状況によってはキャッシングしてくれる場合もあります。専業主婦が銀行のキャッシングやカードローンを利用するメリットはここにあります。

 

他には、クレジットカード付帯のキャッシングを使う方法もあります。消費者金融の場合は収入のある主婦には対応していますが、専業主婦に対してキャッシングは原則として行っていません。

 

銀行のキャッシングやカードローンは総量規制対象外ですが、それがこういったメリットにも繋がっているのです。

 

コンビニATMで借りたり返済できるのでしょうか?

銀行のキャッシングやカードローンを利用した場合に、コンビニのATMで借りたり返済したり出来るか気になりますね。最近はほとんどの銀行や消費者金融が、コンビニATMでカードを使い、借入、返済出来るのでとても便利になっています。

 

コンビニATMを利用できれば、真夜中や早朝にキャッシングしたい時や、返済したい時にとても助かりますし、全国のコンビニATMを利用出来れば、旅先や出張先で気軽にキャッシング出来るのでとても便利です。

 

気を付けなければいけないのは、ATMを利用する時のお支払い手数料が有料な所もあることです。

 

手数料の額は少しでも、頻繁に利用するとかなりの費用が余計にかかるので、できれば手数料が無料なところを選ぶと良いです。

 

銀行によってATM手数料は違ってきます。提携先のATMであれば常に無料になるところや、月に数回までであれば無料になるところ、自分のステージが上がれば無料になるところなどがあります。

 

キャッシングやカードローンを選ぶ際には、金利だけでなく、自分の生活範囲内にカードが使えるATMがあるかどうかも考えたほうが良いですね。

 

キャッシングで「総量規制なし」ってあるけどどういう意味?

銀行でキャッシングやカードローンを利用するときに気になる「総量規制なし」という表記ですが、なぜこういった表示がされているのでしょうか。

 

キャッシングと一言で言っても、銀行のものや、消費者金融のもの、クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスなどがあります。

 

どれもお金を借りるという点では同じなのですが、銀行のものはあくまで「金融機関からの貸し付け」という位置づけになります。

 

総量規制は年収の三分の一以上の借り入れを制限するものですが、この制度が適用されるのは消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者に限られるため、銀行や信用金庫でキャッシングを行う場合には「総量規制なし」と表記してあるのです。

 

銀行系のキャッシングで「総量規制なし」という表記があれば、年収の三分の一以上のお金を借りることも可能ですが、貸金業者などからの借り入れが多い場合には審査に通らず、お金を借りる事が出来ないというケースもあるため注意が必要です。

 

キャッシングで銀行のものは金利が一番安いのでしょうか?

銀行のキャッシングやカードローンは金利が安いのは確かです。クレジットカードや、消費者金融のキャッシングは審査にかかる時間は短い事が多いですが、比較すると金利は高めな場合がほとんどです。

 

審査を待つ余裕があるようでしたら、銀行系のキャッシングやカードローンに申し込んでも良いですね。安い金利を望むのでしたら、銀行のカードローンはベストの選択となります。

 

安いということは、それだけ返済が楽になるという事です。借り入れ金額が多いほど、金利差の影響が大きくなります。

 

最近は、銀行でも消費者金融なみのサービスを提供しているところが多くなりました。インターネットでの申し込みはもちろんのこと、無人契約機があるところも出てきています。

 

申し込みにあたっては、運転免許等の本人確認書類と、必要に応じて給与明細等の収入証明さえあれば、スマートフォンやパソコンから申し込みが出来るサービスもあります。

 

いざという時のためにも、カードを作っておけば急な入用があっても安心です。余裕のある時に申し込んでおくと良いですね。